mt4 (MetaTrader4)使い倒シストレ

メタトレーダー、自作インジケータ、自作EAで完全自動売買。使えるものは何でも使え。
インジケーター、EA(自動売買システム)製作のご依頼はこちらへ
Googolyen FX Factory
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
WindowTimeOnDropped
datetime WindowTimeOnDropped( )

エキスパート、スクリプトがドロップされたポイントの時間を返す。
この番号はエキスパート、、スクリプトがマウスによってドロップされた場合有効である。
Note:カスタムインジケータの場合、この値は未定義である。

Sample:
  double   drop_price=WindowPriceOnDropped();
  datetime drop_time=WindowTimeOnDropped();
  //---- may be undefined (zero)
  if(drop_time>0)
    {
     ObjectCreate("Dropped price line", OBJ_HLINE, 0, drop_price);
     ObjectCreate("Dropped time line", OBJ_VLINE, 0, drop_time);
    }


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
WindowScreenShot
bool WindowScreenShot(string filename, int size_x, int size_y, int start_bar=-1, int chart_scale=-1, int chart_mode=-1)

現在のチャートのスクリーンショットをGIFファイルとして保存する。
もし失敗すればFALSEを返す。
エラーコードを得るためには、GetLastError()関数を用いる。

Parameters:
filename    -  ファイル名
size_x      -   横ピクセル
size_y      -   縦ピクセル
start_bar   -  スクリーンショットに最初に表示させる足番号。
                もし0をセットすると現在表示されている最初の足番号となる。
                値を設定しない、または負の数を設定すれば、
                チャートの最終部分のスクリーンショットが作られ、
                下げ幅は織り込まれている。
chart_scale  -   スクリーンショットの水平方向のスケール。
                0-5の範囲が設定できる。値を設定しない、または負の数を設定すれば、
                現在のチャートスケールが使われる。
chart_mode  - チャート表示モード。これは以下の値をとる:
                CHART_BAR(0) - カギ足
                CHART_CANDLE(1) - ローソク足
                CHART_LINE(2) - ライン
                値を設定しない、または負の数を設定すれば、現在のモードで表示される。
Sample:
  int lasterror=0;
  //---- tester has closed one or more trades
  if(IsTesting() && ExtTradesCounter< TradesTotal())
    {
     //---- make WindowScreenShot for further checking
     if(!WindowScreenShot("shots\\tester"+ExtShotsCounter+".gif",640,480))
        lasterror=GetLastError();
     else ExtShotsCounter++;
     ExtTradesCounter=TradesTotal();
    }


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
WindowRedraw
void WindowRedraw( )

現在のチャートを強制的に再描画させる。
通常、オブジェクトプロパティが変更された後に使われる。

Sample:
  //---- set new properties for some objects
  ObjectMove(object_name1, 0, Time[index], price);
  ObjectSet(object_name1, OBJPROP_ANGLE, angle*2);
  ObjectSet(object_name1, OBJPROP_FONTSIZE, fontsize);
  ObjectSet(line_name, OBJPROP_TIME2, time2);
  ObjectSet(line_name, OBJPROP_ANGLE, line_angle);
  //---- now redraw all
  WindowRedraw();


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
WindowPriceOnDropped
double WindowPriceOnDropped( )

エキスパート、スクリプトがドロップされたポイントの価格を返す。
この番号はエキスパート、、スクリプトがマウスによってドロップされた場合有効である。
Note:カスタムインジケータの場合、この値は未定義である。

Sample:
  double   drop_price=WindowPriceOnDropped();
  datetime drop_time=WindowTimeOnDropped();
  //---- may be undefined (zero)
  if(drop_time>0)
    {
     ObjectCreate("Dropped price line", OBJ_HLINE, 0, drop_price);
     ObjectCreate("Dropped time line", OBJ_VLINE, 0, drop_time);
    }


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
WindowPriceMin
double WindowPriceMin(int index=0)

現在のチャートの指定されたサブウィンドウ(メインウィンドウ:0, サブウィンドウ1:1, ...,)における垂直方向の最小値を返す。
もしサブウィンドウ番号が指定されていなければ、メインウィンドウの最小値を返す。
関連項目:WindowPriceMax()WindowFirstVisibleBar()WindowBarsPerChart()

Parameters:
index     - サブウィンドウ番号(0:メイン)
Sample:
double   top=WindowPriceMax();
double   bottom=WindowPriceMin();
datetime left=Time[WindowFirstVisibleBar()];
int      right_bound=WindowFirstVisibleBar()-WindowBarsPerChart();
if(right_bound<0) right_bound=0;
datetime right=Time[right_bound]+Period()*60;
//----
ObjectCreate("Padding_rect",OBJ_RECTANGLE,0,left,top,right,bottom);
ObjectSet("Padding_rect",OBJPROP_BACK,true);
ObjectSet("Padding_rect",OBJPROP_COLOR,Blue);
WindowRedraw();


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。