mt4 (MetaTrader4)使い倒シストレ

メタトレーダー、自作インジケータ、自作EAで完全自動売買。使えるものは何でも使え。
インジケーター、EA(自動売買システム)製作のご依頼はこちらへ
Googolyen FX Factory
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
Variables
変数は使う前に宣言されていないといけない。
重複しない名前は変数の特定に使える。
変数の宣言は変数名と型を用いる。
宣言は文ではない。

基本の型:

Examples:
string MessageBox;
int    Orders;
double SymbolPrice;
bool   bLog;

追加された型:

  • color - RGBを整数で表わしている
  • datetime - 日付と時間を表し、1970年1月1日 0:00からの秒数を符号なし整数で表わしている
Example:
datetime tBegin_Data   = D'2004.01.01 00:00';
color    cModify_Color = C'0x44,0xB9,0xE6';

配列

配列は同じ型のデータをインデックス化し並べたものである。

int    a[50];       // 要素数が50個の整数型の1次元配列
double m[7][50];    // 7つの配列で構成される2次元配列
                    //各配列は50個の要素を持っている
整数だけが配列のインデックスとなりうる。
4次元配列以上は許されない。
配列要素は0番目から始まる。
1次元配列の終端要素のインデックスは配列サイズよりも1小さい数である。
要素数50で構成される整数型配列の終端要素はa[49]と表わされる。
複次元配列でも同様の関係がある:一つの次元は0から次元サイズ-1でインデックス化されている。
例にある2次元配列の終端要素はm[6][49]として表わされる。

もし配列の範囲を超えてアクセスしようとした場合、サブシステムがERR_ARRAY_INDEX_OUT_OF_RANGEエラーを発生させる。
このエラーはGetLastError()関数によって分かる。


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。