mt4 (MetaTrader4)使い倒シストレ

メタトレーダー、自作インジケータ、自作EAで完全自動売買。使えるものは何でも使え。
インジケーター、EA(自動売買システム)製作のご依頼はこちらへ
Googolyen FX Factory
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
DMI と i_Trend
DMIというインディケーターと、i_Trendという2つのインディケーター

この二つは、ロング期間、ショート期間を見わけるフィルターのような使い方ができる。

挙動が似ているので、二つまとめて紹介してみようと思う。

まずDMIがこれ

dmi.gif


adxっていうインディケーターも実質DMIのことだけど、
このDMIとはちょっと挙動が違う。

並べてみると

dmi2.gif


こんな感じ。
計算の仕方が違ってて、
DMIの方が動きがルーズになって、あまり交差を繰り返さない。

ただ、adxのperiodを大きくすると、結構似た形になる。

periodを50にしたadxとDMIを並べてみると

dmi3.gif


結構似てる。

これに、i_Trendというインディケーターを並べてみると
dmi4.gif


ちょっと分かりづらかったので、色を統一してみると
dmi5.gif


上から順に
DMI
ADX
i_Trend
になってる。

それで、このDMIとi_Trendっていうのをどうやってフィルターにするかと言うと
わりと見たまんま。

緑が上なら、ロング。
赤が上ならショートといった使い分けをする。

ただ、交差を繰り返すわけだから、必ずどちらかが上に来るけど
そのライン間の開きかたもフィルターの要素として重要になることが見て取れると思う。


インディケーターはリンクのyahooブリーフケースの中にあるんで自由にどぞ。

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。