mt4 (MetaTrader4)使い倒シストレ

メタトレーダー、自作インジケータ、自作EAで完全自動売買。使えるものは何でも使え。
インジケーター、EA(自動売買システム)製作のご依頼はこちらへ
Googolyen FX Factory
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
Trading functions
トレードを担う関数群。

OrderSend()OrderClose()OrderCloseBy()OrderDelete()OrderModify()、関数はカスタムインジケータから呼び出すことはできない。

トレード関数はエキスパートかスクリプト内でしか使えない。
トレード関数は"Allow live trading"プロパティにチェックが入っている場合だけ、呼び出すことができる。

エキスパートやスクリプトからトレードをするには、プログラムのトレード状況(エキスパートやスクリプトからの自動売買)に一つのスレッドしか与えられない。
なぜならば、もしこの状況がエキスパート売買によって占領されていれば、他のエキスパートやスクリプトは146 (ERR_TRADE_CONTEXT_BUSY)エラーが原因でしばらくの間、トレード関数を呼び出すことができないからである。
トレードの不可をチェックするにはIsTradeAllowed()関数を用いる。
トレード状況へのアクセス占有をクリアするために、GlobalVariableSetOnCondition()関数を用いて変更すべきグローバル変数値を基本とするセマフォを使うことができる。



にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。