mt4 (MetaTrader4)使い倒シストレ

メタトレーダー、自作インジケータ、自作EAで完全自動売買。使えるものは何でも使え。
インジケーター、EA(自動売買システム)製作のご依頼はこちらへ
Googolyen FX Factory
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ObjectsDeleteAll
int ObjectsDeleteAll( int window=EMPTY, int type=EMPTY)

指定したタイプのオブジェクトや、指定したウィンドウ内のオブジェクトを全て削除する。
この関数は削除したオブジェクトの数を返す。
エラー情報の詳細を得たい場合はGetLastError()関数を呼び出す。
Notes:チャートサブウィンドウ(もしチャート上にサブウィンドウがあるなら)番号は1から始まる。メインウィンドウは常に存在しており、メインウィンドウが0番目となる。もしウィンドウ番号を間違えたり、-1の値を渡すと、全てのチャートからオブジェクトが削除される。
もしtypeが-1だったり、間違えると、指定したウィンドウ内の全てのオブジェクトが削除される。

Parameters:
window    -   任意変数。
               オブジェクトを削除したいウィンドウ番号。
               -1(EMPTY、デフォルト値)以上、WindowsTotal()以下
type      -   任意変数。削除するオブジェクトタイプ。
               オブジェクトタイプ内の値か、全てのオブジェクトを削除したいなら
               EMPTYを指定する。
Sample:
  ObjectsDeleteAll(2, OBJ_HLINE); // 2番目のサブウィンドウから、
                                  // 全ての水平線を削除
  ObjectsDeleteAll(2);            // 2番目のサブウィンドウから、
                                  // 全てのオブジェクトを削除
  ObjectsDeleteAll();             // チャートから全オブジェクトを削除


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。