mt4 (MetaTrader4)使い倒シストレ

メタトレーダー、自作インジケータ、自作EAで完全自動売買。使えるものは何でも使え。
インジケーター、EA(自動売買システム)製作のご依頼はこちらへ
Googolyen FX Factory
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
Switch operator (switch文)
switch文はcaseの全パターンにおける定数と式の値を比較し、一致したcaseに定義されている処理を行う。
caseのパターンは、整数、文字、定数式である。
定数式は変数や関数呼び出しを含んではならない。
switch文の式は整数型でなければならない。


switch(expression)
  {
   case constant: operators
   case constant: operators
     ...
   default: operators
  }

もしcaseの条件に等しいものがなければ、defaultのついた文が実行される。
defaultは最後に位置しなくてもよい。
もし、式の値に一致するcaseが無く、かつdefaultも無ければ、何も実行されない。
case&定数は正にラベルであり、もしcase内が実行されたら、プログラムはbreak文までの全ての処理が行われる。これによって、いくつかのパターンの処理を結びつけることが可能である。

定数式は常に計算され、一つのswitch文の中に同じ定数は2回使えない。

Example:
switch(x)
  {
   case 'A':
      Print("CASE A");
      break;
   case 'B':
   case 'C':
      Print("CASE B or C");
      break;
   default:
      Print("NOT A, B or C");
      break;
  }


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。