mt4 (MetaTrader4)使い倒シストレ

メタトレーダー、自作インジケータ、自作EAで完全自動売買。使えるものは何でも使え。
インジケーター、EA(自動売買システム)製作のご依頼はこちらへ
Googolyen FX Factory
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
iMACD
double iMACD( string symbol, int timeframe, int fals_ema_period, int slow_ema_period, int signal_period, int applied_price, int mode, int shift)

MACDを計算し、値を返す。OsMAをMACDヒストグラムと呼ぶシステムもある。このインジケータは2本の線で表わされる。クライアント端末内では、MACDはヒストグラムで描かれる。

Parameters:
symbol            - 計算したい通貨名。NULLを指定すると現在の通貨。
timeframe         - 時間枠。時間枠列挙型のどれか。0は現在の時間枠。
fast_ema_period  - fast移動平均計算で使用する足の数
slow_ema_period  - slow移動平均計算で使用する足の数
signal_period    - signal移動平均計算で使用する足の数
applied_price    - 適用価格。これは価格定数のどれかをとる。
mode              - インジケータの線指定。これはインジケータラインの値をとる。
shift             - 現在の足から何本前の値を出したいか
Sample:
if(iMACD(NULL,0,12,26,9,PRICE_CLOSE,MODE_MAIN,0) >
   iMACD(NULL,0,12,26,9,PRICE_CLOSE,MODE_SIGNAL,0)) 
    return(0);



にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。