mt4 (MetaTrader4)使い倒シストレ

メタトレーダー、自作インジケータ、自作EAで完全自動売買。使えるものは何でも使え。
インジケーター、EA(自動売買システム)製作のご依頼はこちらへ
Googolyen FX Factory
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
Assignment operation (代入演算)
与えられた演算を含む式の値は、代入後の左オペランドとなる。

yにxの値を代入する              y = x;
以下の演算は算術演算子や、ビット演算子に代入演算子が付いたものである。:

yにxを加算する                       y += x;
yからxを減算する                     y -= x;
yとxを乗算した結果をyに代入          y *= x;
yをxで除算した結果をyに代入          y /= x;
yをxで割ったあまりをyに代入          y %= x;
yを左にxビットシフトした結果をyに代入  y >>= x;
yを右にxビットシフトした結果をyに代入  y <<= x;
yとxの論理積をyに代入                y &= x;
yとxの論理和をyに代入                y |= x;
yとxの排他的論理和をyに代入          y ^= x;
これらは1つの式に対して1つしか使えない。
ビット演算は整数値にしか機能しない。
シフト演算では5桁の2進数 (10進数:31、16進数:0x1F)より小さい数を用いる。
それよりも大きな数は使えない。
というのは0(2^0)から31(2^5)ビットまでの範囲でしかシフトできないからである。
%= 演算子 (yをxで割った余り)を用いることによって、結果の符号が割る数の符号と等しくなる。

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。