mt4 (MetaTrader4)使い倒シストレ

メタトレーダー、自作インジケータ、自作EAで完全自動売買。使えるものは何でも使え。
インジケーター、EA(自動売買システム)製作のご依頼はこちらへ
Googolyen FX Factory
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
複合インジケーター配布に関して
複合インジケーターに関して、
多数のご応募、ご意見を頂き大変ありがとうございました。

まだ若干ながら数量が残っていますので、引き続きご連絡お待ちしております。
残り9万9千9百ばかり残っております(笑)


今の所頂いたご意見、ご要望の中で、どういったものがあったのかを一部抜粋しますと


・今回のような複合インジケーターが欲しい

・複合ではないけれど、自分のアイデアをインジケーター、EAにしてもらいたい

・既存のインジケーターに機能を追加してもらいたい

・商材をインジケーターや、EAにして検証してみたい

・今までのように色々なインジケーターやSystemを紹介してもらいたい



等々

色々なご意見、ご要望がありました。

中でも多かったのが、今回のような複合インジケーターが欲しいというご意見でした。
色々あるインジケーターの、各条件全てが揃ったらシグナルを出すようなものを
望まれていらっしゃる方が多いようですね。

いかにシンプルにするか。

結構大事な事ですね。

色々検討してみようと思います。


ご意見、どうもありがとうございました。



にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
スポンサーサイト
Breizhfx System 複合インジケーター配布
昨日の記事で告知した、複合インジケーターが出来ました。

Breizhfx Systemのエントリー条件がそろった時に、シグナルを出すものでっす。

表示してみると
breizhfx_signal.gif


こんな感じ。矢印のやつ

ホンマに毎日40pip取れるのかどうか検証ですね。


いつもはyahooブリーフケースに入れて置くのですが、
今回は期間、人数を限定した応募という形にします。

これ応募するほどのものか!?
というツッコミは置いといて


yahooブリーフケースは、
何人ダウンロードしたかっていう事がわからないんですよね…

個人的に、どんなインジケーターが人気で、
みなさんがどんなシステム、EAを求めているのかという事を
知りたいと思っていますので、今回こういった形を取らせて頂きます。

メールフォームからご連絡下さい。
一言二言、ご意見やこんなのが欲しい等のコメントを頂ければ
とても嬉しいです。

どうぞ宜しくお願い致します。

期間と人数について。

期間 :人肌恋しくなる季節まで
人数 :10万名様限定(お一人様20個まで)

期間限定!人数限定!!残りわずか!!?




にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
Breizhfx System
Forex Factoryのスレッドで紹介されていた
システムテンプレートを紹介しようと思う。

作者いわく、一日に最低でも40pipは取れる手法だとか。
そうなると、1週間で200pip、一ヶ月で800pip。
他のペアもやれば・・・

ホンマか!?

まぁFactory内ではこんな感じに書いてある事はよくあるので、
あまり気にしてもしょうがない。
気になれば検証してみれば良いだけだ。

作者の出しているテンプレートには、不備があったので
少々修正を加えた。

表示してみると
breizhfx_system.gif


こんな感じ。

使っているインジケーターは
Parabolic SAR Color - Alert
QQE Alert v1.mq4
Slope Direction Line.mq4
newMACD.mq4
Damiani_volatmeter.mq4

このようなラインナップです。

取引ルールはシンプル

BUY
①Slope Direction Lineが青
②priceがParabolic SARより上にある
③QQEの青色シグナル
④newMACDがクロス
⑤Damiani_volatmeterがトレード期間

これら全てが確定後に、エントリー。

例えばこんなかんじ
   ↓
breizhfx_system2.gif



SELLは逆で
①Slope Direction Lineが赤
②priceがParabolic SARより下にある
③QQEの赤色シグナル
④newMACDがクロス
⑤Damiani_volatmeterがトレード期間

例えばこんなかんじ
   ↓
breizhfx_system3.gif


ストップは
Parabolic SARの水準におく。

利確は、
利益が40 pips以上になったら、
ポジションの2/3を決済して、残りをトントンの水準に置く。

ほんで、利益が200 pips以上になれば
全部クローズ。


ルールはこれだけ。

作者の人は、4時間足と、5分足も見てるそうで、
4時間足でトレンドを見て、5分足でエントリーを測ると。

5分足で買われすぎ、売られすぎサインが出ていたら、見送って次のタイミングを探すそうです。


テンプレートは
リンクのyahooブリーフケースの中に入れてあります。
system templateフォルダの中のbreizhfx Systemってやつです。

このテンプレートはGBP/JPYの30分用で、他の通貨は設定値を探ってないから
わからないそうです。


さぁはたしてホントに一日最低40pip取れる手法なのか?

とりあえず、BUY、SELLのエントリー条件がそろった時に
シグナルを出すインジケーターを作ってみようと思う。

乞うご期待!



にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
OpeningRange BreakOutOrder
昨日の自作インジケーターの記事の続きで、
オープニングレンジブレイクアウト法のEAを製作してみた。

ルールは至ってシンプル。
ロンドン市場のオープンから30分間のレンジ幅を用いて、
そのレンジを上下どちらかにブレイクしたらエントリー。

ストップは、逆エントリーの水準に設置してある。
ストップに掛かった際、新規エントリー可能時間であれば、
ドテンエントリーを一度だけ有効にしてある。

利確リミットは固定値。


試しに
イギリス時間の8:00足(日本時間の16時~16時半)の、
高値+5pips、安値-5pipsをブレイクアウトポイントとし、

その後、基準足から8時間は新規エントリー可能時間とする。
最大のポジション保有期限を基準足から9時間後とし、
その時ポジションを持っていれば強制クローズ。

リミットを70pipsに固定してまわした結果がこちら

GBP/JPY 30分足 2007/01/01~2008/01/01
2007_2008.gif


テストチャートは
openingrangeorder.gif


こんなん。

次に、リミットを150pipsに固定してまわしてみた結果がこちら
150.gif



うむ。
まぁこのままのルールでは勝てないだろうな。

ただ、ストップ位置を工夫したり、トレイリングストップを使ったりして、
クローズを工夫すれば
そこそこうまくいく可能性はあるとは思う。

使ってみたい人はこちらのOpeningRangeBreakOutOrder
ってのをダウンロードしてください。


EXpert propertiesの設定は

[設定]

OffsetHour - 日本時間とサーバ時間の時差
BasicHour - 基準となる足の時間(イギリス時間)
BasicMinute - 基準となる足の分
TradingTime - 取引可能時間(基準足からの時間数)
ExpirationTime - ポジション保有期限(基準足からの時間数)
Distance - ブレイクアウトポイントの閾値
Rectangle_clr - 取引可能時間の色
ExpirationLine_clr - ポジション保有期限の色
CanAlert - レンジブレイクした時にアラートを鳴らすかどうか(trueは鳴らす)
TakeProfitPoint -リミットの数値

 

このEAを使用するには昨日紹介したOpeningRangeインジケータが必要となりますので、
EAと同じところからダウンロードしてください。

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
OpeningRange(追記あり)
OpeningRange
[名称]:オープニングレンジ

[部類]:自作ストラテジーインジケータ

[概要]:
ここのスレッドに書かれてある、いわゆるオープニングレンジブレイクアウト法の為のインジケータを作ってみた。なお、スレッドを熟読してはおらず、取引における最小限の情報を視覚的に表わすもの。よって細かいルールは付加していない。
オープニングレンジブレイクアウト法は様々な時間枠で利用されるが、今回は30分足を用い、ロンドン市場のオープンから30分間のレンジ幅を用いている。

[利用例]
・オープニングレンジブレイクアウト法での取引

[使い方]
1.OpeningRange.ex4をterminal_directory\experts\indicatorsフォルダ内に移動させて下さい。

2.OpeningRangeをチャート上に設置します。


[設定]

OffsetHour - 日本時間とサーバ時間の時差
BasicHour - 基準となる足の時間(イギリス時間)
BasicMinute - 基準となる足の分
TradingTime - 取引可能時間(基準足からの時間数)
ExpirationTime - ポジション保有期限(基準足からの時間数)
Distance - ブレイクアウトポイントの閾値
Rectangle_clr - 取引可能時間の色
ExpirationLine_clr - ポジション保有期限の色

 
[設定例]
・日本時間とサーバ時間の時差が7時間(MetaQuotes)で、イギリス時間の8:00足の高値+5pips、安値-5pipsをブレイクアウトポイントとし
その後16:00(8時間後)の足が終了するまでを新規エントリー可能時間とする。
最大のポジション保有期限を17:00(9時間後)とする。

上記の例の場合、各設定値は以下のようになる。
OffsetHour = 7;
BasicHour = 8;
BasicMinute = 0;
TradingTime = 8;
ExpirationTime = 9;
Distance = 5;
 
[ダウンロード]
こちらからファイルをダウンロードしてください。

[動作]
設定1
opening_range_property.png

OffsetHour = 7;
BasicHour = 8;
BasicMinute = 0;
TradingTime = 8;
ExpirationTime = 9;
Distance = 5;
Rectangle_clr = MidnightBlue;
ExpirationLine_clr = Red;


設定1の動作
openingrange_eurusd30.gif

・レンジ幅を決める基準足は★印が付く。
・レンジブレイクした足には↑矢印(買い)、↓矢印(売り)が付く。


バグ修正しました。(2008/7/16 17:00)
以前にダウンロードされた方は、
最新版を新たにダウンロードして下さい。


お役に立ちましたら、
応援宜しくお願いします。
 ↓

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
Fib_Pivots_02_Alert
Fib_Pivots_02_Alert
[名称]:フィボ・ピボット・ツー・アラート

[部類]:機能追加自作インジケータ

[概要]:Fib_Pivots_02インジケータにアラート機能を追加した。

[利用例]
・Pivotラインへの接近をアラートや音で知らせてくれます。逆張りセンサーとして。
・利確のターゲットへの接近センサーとして。

[使い方]
1.Fib_Pivots_02_Alert.mq4をterminal_directory\experts\indicatorsフォルダ内に移動させ、MetaEditorを使ってコンパイルします。

2.Fib_Pivots_02_Alertを設置します。


[設定]

CanAlert - アラートを鳴らすかどうか(trueは鳴らす)
CanSound - 音を鳴らすかどうか(trueは鳴らす)
Distance - Pivotライン接近判定距離(pips)

CanAlertとCanSoundを両方trueにすると、アラート機能が優先されます。
 
[ダウンロード]
こちらからファイルをダウンロードしてください。

[動作]
設定1
fib_pivots_02_alert_property.png


設定1の動作
eurusd1h_fib_pivots_02_alert.png



にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
cADX
cADX
[名称]:シーエーディーエックス

[部類]:自作インジケータ(というにはおこがましい?)

[概要]:ADX、±DIに異なる期間を設定できる。

[利用例]
「Using ADX to Trade Breakouts, Pullbacks, and Reversals」の講義ビデオで、ADXと±DIを異なる期間で利用していたことから作ったもの。このインジケータを用いて講義を見れば、理解度UPかも!!
(講義内容を見るためには登録が必要です。ページ内のView recordingをクリックすると登録フォームウィンドウが開きます)

・通常のADXとは違う趣きが楽しめそう。


[使い方]
1.cADX.mq4をterminal_directory\experts\indicatorsフォルダ内に移動させ、MetaEditorを使ってコンパイルします。

2.cADXを設置します。


[設定]

ADXLength - ADXの期間
PDILength - +DIの期間
MDILength - -DIの期間

 
[ダウンロード]
こちらからファイルをダウンロードしてください。

[動作]
設定1
cadx_property.png

設定1の動作(一番下のウィンドウは通常のADX[期間14]です)
gbpusdm15_cadx.gif


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
Linear Price Bar インジケーター
Linear Price Bar というmt4インディケーター
これは個人的には面白いなぁと思ったインジケーター。

だけど、必要のない人にはホントに必要が無いものかも。


表示してみると
linearpricebar.gif


こんな感じだ。

見たら意味はわかると思うけど、
ロウソクを単に横に並べた物だ。

ローソクのオープン値から、上が青、下が赤で表示される。

ロウソクを見る事と変わりはないのだけど、
こうして、横にして色がついていると
どちらに勢いが向きつつあるのかが、わかるような、わからないような・・・

チャートで見ていて、上昇、下落に右往左往してしまう人は、
このインディケーターを使えば、また違ったロウソクの見方ができるようになるかもしれない。

インジケーターはリンクのyahooプリーフケースの中に入れてあるので、
色んな発想で使ってみてください。




にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
気をつけよう、そうしよう


おもろっ!

と思ったけど、こういうの見たら笑えない人もいるんだろうなと思った。

だからみんなホントに気をつけよう!!

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
ArtificialIntelligence(AI)
Artificial Intelligence(人工知能)です。
用いているテクニカルインジケータはBill Williamsの Accelerator/Decelerator オシレータです。
ただこれらを非常に面白い使い方をして売買シグナルを出しています。
設定値毎の挙動を予想しにくいので、手当たり次第で最適パラメータを見つけるしかなさそうです。

売買ルールはperceptron関数が正の値を返せばロングを、負の値を返せばショートを持つ、です。
んでもって、ポジション保有中の時はperceptron関数の値によってストップ変更 or 決済をしているようです。


//+------------------------------------------------------------------+
//| The PERCEPTRON - a perceiving and recognizing function |
//+------------------------------------------------------------------+
double perceptron()
{
double w1 = x1 - 100;
double w2 = x2 - 100;
double w3 = x3 - 100;
double w4 = x4 - 100;
double a1 = iAC(Symbol(), 0, 0);
double a2 = iAC(Symbol(), 0, 7);
double a3 = iAC(Symbol(), 0, 14);
double a4 = iAC(Symbol(), 0, 21);
return(w1 * a1 + w2 * a2 + w3 * a3 + w4 * a4);
}
//+------------------------------------------------------------------+

 
これがこのEAの中枢です。中枢の割りには簡素ですね。
x1~x4は自由に設定できる値です。
このパーセプトロンという名前ですが、wikipediaで調べてみたのですがよく分かりません。
ただその記述中に

H(sum[i=0, i<=N](wi*xi-h)) Hは階段関数

 
という式があり、perceptron関数内の処理と非常によく似ていたので、
この式のことかなと思っております。

EAパラメータ詳細

x1 - 以下参照
x2 - 以下参照
x3 - 以下参照
x4 - 以下参照
sl - ストップポイント
lots - ロット数
MagicNumber - マジック番号

 
マネーマネージメントはできません。
x1~x4の意味ですが、perceptron関数内のa1~a4の値の重み付けみたいなものです。
例えばa1よりa4の方を重用視したいのであれば、x1よりx4を大きな値にするということです。


30分足、GBP/JPYでのテストチャートはこんな感じ。
gbpjpym30_ai_ea.gif


2007/01/01~2008/01/01までの結果
ai_ma_result.gif


こちらからダウンロードしてください。


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
Forexpert310 System
Forexpert310 System というシステムテンプレート

こちらの
Forexpert310 System

というForex Factoryのスレッドで紹介されてたもの

表示してみると
forexpert3.gif


こんな感じ

しゃれてる。


取引ルールとしてはシンプル

BUY
①水色の(h4) stochが50以上
②黄色stochが23を下から突き上げる
③ロウソクが黄色の移動平均線より上にある

この三つがそろった時、ちゃんとロウソクのクローズを待ってからエントリー!

例えばこんな感じ

forexpert.gif


SELLは
①水色の(h4) stochが50以下
②黄色stochが76を上から突き下げる
③ロウソクが黄色の移動平均線より下にある

この三つがそろった時、ちゃんとロウソクのクローズを待ってからエントリー!

例えばこんな感じ

forexpert2.gif



とまぁルールはシンプル

作者いわく
クローズや、ストップは個々人の判断に任せるとのこと。

このシステムのいい所はレンジではサインは出さず、
トレンドがある時だけサインを出す所とも。



スレッド内では、
画像中の、矢印や、星印は
何の意味があるのかとの質問が出ていたが、

作者いわく 「意味はない!」

だったらテンプレートに入れなくても…



一番いいのはGBP/JPYの30分だそうです。

テンプレートは
リンクのyahooブリーフケースの中に入れてあります。
system templateフォルダの中のForexpert's systemってやつ


作者のForexpert310さんが、
「みんなうまくいきだしたら、途端にスレッドに書き込まなくなっちゃう…
使ってみて、感想とか意見とか、結果とかをどんどん書き込んでくれよー」

と言っていますので、

使ってみた方は、結果とかを書きにいきましょう!

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
VQ_EA
VQを用いて売買をするEAです。

オープン条件はVQの反転で、同方向にポジションを持ちます(順張り)。
つまりVQが上向きの場合はロングを、下向きの場合はショートポジションを持ちます。

クローズ条件は基本的にVQの反転もしくはストップになります。
指し値、トレーリング、ブレイクイーブンも指定可能です。


EAパラメータ詳細

Lots - ロット数
StopLoss - ストップポイント
TakeProfit - 利確ポイント
TradeAtCloseBar - クローズと同じ足でポジションを持つかどうか(trueは持つ)
TrailingStop - トレーリングストップポイント
TrailingStep - トレーリングステップポイント
BreakEven - ブレイクイーブンにするポイント
(利がこのポイント乗ればストップをイーブンに変更する)
MagicNumber - マジックナンバー
----------- 以下はアラート設定 -----------
Repeat - 同足アラート回数
Periods - アラート間隔
UseAlert - アラートを使用するかどうか(trueは使用する)
SendEmail - メール送信するかどうか(trueは送信する)
TradeLog - ログファイル名
Slippage - スリッページ
----------- 以下はVQ設定(割愛) -----------
Crash
TimeFrame
Length
Method
Smoothing
Filter
---以下はデフォルトでOK---
RealTime
Steady
Color
Alerts
EmailON
SignalPrice
SignalPriceBUY
SignalPriceSELL
CountBars

 
ソースの方でマネーマネージメント系も設定できます。
VQ設定のAlertsパラメータをfalseにしてしまうと、売買しない可能性があるので気をつけてください。

トレーリングストップとトレーリングステップは分かりにくいかもしれませんが、
例えば、(A+B)ポイント利が乗ったらストップをAポイント変更する場合、
Aがトレーリングストップに当たり、Bがトレーリングステップになります。

30分足、GBP/JPYでのテストチャートはこんな感じ。
gbpjpym30_vq_ea.gif


2007/01/01~2008/01/01までの結果
vq_ea_result.gif


こちらからダウンロードしてください。

尚、このEAを使用するにはVQインジケータが必要となります。
リンクのyahooブリーフケースから取ってください。


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
MQL4/MQL5プログラマーへの誘い
こちらのMQL5開発インタビューを訳してみました。

Stanislav Starikovへのインタビュー
~MQL4/MQL5プログラマーへの誘い~

I:インタビュアー、S:Stanislavさん

I:Stanislavさん、MetaTrader5の新しいプラットフォームとMQL5の開発におけるフォーラムのトピックが目立つのですが、それらについて教えてもらえますか?

S:確かに新しいトレードプラットフォームの開発を全力で行っています。そしてMQL5開発は最終工程段階です。
MQL4の時のように、我々は開発環境MQL5をクライアント端末よりも早くリリースするつもりです。それによってトレーダーは我々の言語(MQL5)の新しい機能について精通することができます。

I:具体的にどのような機能があるのですか?

S:まず新しいデータ型、構造体、クラスが使用できるようになり、これによってオブジェクト指向プログラミングとなりました。またプロジェクトを導入し、大幅にプログラムの実行速度が向上しました。

I:新しいデータ型について教えてもらえますか?そしてそれらがMQL5に何をもたらしたのですか?

S:MQL4では3つの主だったデータがありました。int、double、stringです。今回は新しい型として、char、short、long、float、unicodeから成るstring、が追加されました。
また構造体やクラスも追加されました。それらを使って何ができるかって?C++のようなプログラミング言語にはこれらのデータ型が既に存在しています。そして今回C++で書かれたソースコードをMQL5へ変換することがとても容易になったのです。
例えば、CHAMPIONSHIP 2007 BETTERの勝者がインタビューの中で、彼はC++でEAを開発し、デバッグの後、MQL4へソースコードを変換したと言っています。
それらがとても簡単にできるのです。
一方、MQL4ではWindowsAPI関数やDLL関数を使えるようにしていました。非常に稀にこれらの関数は構造型でした。そして今回我々はこれらの簡易クラスを作りました。つまりMQL5を用いて簡略化できる体系を作ったのです。

I:クラスやオブジェクト指向とは何ですか?

S:クラスというのは構造体と同じです。しかしその構造体のデータを処理するための関数を追加できるのです。どういう意味かというと、機能性を隠せるということなのです。機能性とはクラス内にある全ての関数のことで、囲いの外のようにクラスオブジェクトとは違うところで構築することができます。
まずプログラミングがシンプルになります。それらのプログラムを書いたり、読んだり、将来修正したりすることが簡単になるのです。
そしてプログラムが肥大化した時を想像してください。その時にクラスは大きな助けとなるでしょう。

I:プロジェクトについて教えてください。

S:すでに言いましたが、プログラムはより複雑になっていきます。この場合、ソース文をいくつかのファイルに分けることが妥当でしょう。例えば、各クラス毎にファイルを分けるとか。
MQL5におけるプロジェクトは、これらのファイルの外で準備プログラムとしてまとめる役割を担うのです。
プロジェクトもまたプログラムを書く際、心強い味方になってくれるでしょう。

I:Stanislavさん、あなたは先ほどMQL5プログラムの実行速度が向上したとおっしゃいました。どのようにするのですか?MQL4でもずいぶん速かったですが。

S:本当のことを言うと、我々も予定しているだけなのです。本当のところはMQL4のコンパイラはインタプリタバイトコードを得ています。
MQL5でもバイトコードを得ていますが、コードアップロードの間は.NETと似ており、このバイトコードはnative x86コード(プロセッサ命令)へ変換されます。ですので、結果的にnative言語においてプログラムは他のバイトコードよりも速く動作することができるのです。さらに我々は膨大な時間をかけ、コード最適化の問題に取り組みました。故にプログラムの実行速度が向上できたと思います。

I:MQL4と比べてMQL5の実行速度がどれくらい向上したかを教えてもらうことはできますか?

S:できません。我々はまだ具体的なテストを実施していないので、すぐには無理です。しかし確実にスピードが向上していると言えます。ですので報告を待ってください。



クラス、構造体が導入されることによって、EAやカスタムインジケータを開発しやすくなるのは非常に嬉しいです。それに至る所で有用なクラスがバシバシUPされるのではないかと期待してます。


ただC++の機能をすべて盛り込むわけではないでしょうから、その辺の制約が気になります。


MQL5がリリースされ次第、セコセコと日本語訳を載せていこうと思っています。

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
Multi_Lot_Scalper
MACDを用いて売買をするEAです。
ただ、テクニカルよりはマネーマネージメントに重きを置いている感じがします。
いかんせん解説が無く、ソースにもほとんどコメントが無いので(おまけに汚い…涙)解説するには不十分なEAです。


グチこぼすなら紹介するなよって感じですね(笑)
でも、一応紹介しておきます。


シグナルは1本前のMACDの値が現在の値より大きい場合ロングを、小さい場合ショートポジションを持ちます。
その後、条件に当てはまれば買い増し(利ありの場合)、ナンピン(損ありの場合)を繰り返し、生き残るといった感じでしょうか。
EUR/USD、GBP/USD、USD/CHF、USD/JPYを見据えたEAとなっています。

EAパラメータ詳細

TakeProfit - 利確ポイント
Lots - 最小ロット数
InitialStop - 初期ストップポイント
TrailingStop - トレーリングストップポイント
MaxTrades - 最大ポジション数
Pips - 買い増しもしくはナンピンをするpip数
SecureProfit - ポジションの総益がこの値以上であれば
最後に持ったポジションを利確する
AccountProtection - ポジションの一部を利確するかどうか…かな…
OrderstoProtect - 利が乗っているポジション数がこの値以上であれば
最後に持ったポジションを利確する
ReverseCondition - MACDのシグナルで逆張りするかどうか(0:順張り、1:逆張り)
EURUSDPipValue - 不明
GBPUSDPipValue - 不明
USDCHFPipValue - 不明
USDJPYPipValue - 不明
StartYear - 開始する年
StartMonth - 開始する月
EndYear - 終了する年
EndMonth - 終了する月
EndHour - 終了する時間
EndMinute - 終了する分
mm - リスク管理をするかどうか(しない場合は0)
risk - リスク値(バランスポイントに対する割合)
AccountisNormal - 通常アカウントかどうか?

 
詳細になってない部分もありますが。



1時間足、GBP/USDでのテストチャートはこんな感じ。
gbpjpyh1_mls_ea.gif


2007/01/01~2008/01/01までの結果なのですが、途中で取引(計算)をやめてしまって、最後はナイアガラになっています(含み損)。
バグなのか、決済条件にあてはまらなかったのかは不明です。
途中まではいい感じですね。
mls_result.gif



中途半端な紹介で申し訳ありませんが、何かしらお役に立てば幸いです。


こちらからダウンロードしてください。


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
SpearmanRankCorr (RCI) インジケーター
SpearmanRankCorrというmt4インディケーター
これは、mt4のRCIインディケーターだ。

買われすぎ、売られすぎを示すオシレーター系のインジ

表示してみると
spearmanrankcorr.gif


こんな感じ。
一般的には80%以上が買われすぎで、-80%以下が売られすぎ
ということ

期間を変えたものを同じwindowに表示させてみると

spearmanrankcorr2.gif


こんな感じ。

青が期間 9
水色が期間 26
黄色が期間 52

パラメーターに、Maxrangeというものがあって、
デフォルトでは、30になってる。

このMaxrange以上の期間は設定できないので、
長い期間にしたい時は、このMaxrangeも変更する必要がある。


色んな期間のRCIを表示させて、
その全部が80%以上なら、売り
その全部が-80%以下なら、買い

等のアイデアもあるらしい。

あとは、自分のルール次第。

インジケーターはリンクのyahooブリーフケースに入ってるので、ご自由に使ってみそ


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
QQE
QQEというmt4インディケーター

使ってる人が多そうな、人気(?)インディケーター

ソースを見ると、
RSIを基にしてるインジケーター
RSIの移動平均をとって、さらにその移動平均の差の移動平均の・・・

・・・ま、要は仕組みより、使えるかどうかが大事だ。

表示してみると
qqe.gif


こんなん。

売買の仕方としては、二つあるようで、
1、水色が50の水準より上にあるか下にあるかで売買する

2、水色と白点線とのクロスによって売買する

という二つらしい。

水色と白のクロスや、50ラインとのクロスでアラートを鳴らすバージョンの
QQEもある。


デフォルトでは、パラメーターのSFは5になってる。

SF60にした物と並べてみると、
qqe2.gif


こんなん。

さすがにSF60ぐらいにすると、大分滑らかになって
クロスも少なくなる。


このQQEも実際に使うには、何かしらのフィルターが不可欠だとおもう。


試しに、この間紹介した

xpMAと同時に表示してみた。

qqe3.gif


xpMAの方向がはっきりしている時だけ、
ポジションを取るとかすれば少しは良くなるのかな。

でもそれって、xpMA単体で使うのとどう違うかと言われれば、
同じか…

QQEのmq4ファイルはリンクのyahooブリーフケースに入れてあるので、
色々使い方を探ってみてください。

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
gpfTCPivotLimit
PIVOTを用いて売買をするEAです。

  • 時間足用です。
  • サーバ時間の午前0時に、前日の値からPIVOT、Resist1、Resist2、Resist3、Support1、Support2、Support3を求めます。
  • ローソク足の始値がSupportを割り込み、終値がSupportを上抜けた時にポジションを持ちます。  この時ストップをSupportへ置き、指値をResistに設定します。
  • ストップはトレーリングによって移動させます。
  • 逆にローソク足の始値がResistを上抜け、終値がResistを割り込んだ時にポジションを持ちます。  この時ストップをResistへ置き、指値をSupportに設定します。

Support、ResistにPIVOTのどの値を使うかはEAプロパティのTgtProft値を設定することにより自由に選べます。

TgtProfit 売買 判定LEVEL ストップ 指値
1 Buy Support1 Support2 Resist1
Sell Resigt1 Resigt2 Support1
2 Buy Support1 Support2 Resist2
Sell Resigt1 Resigt2 Support2
3 Buy Support2 Support3 Resist1
Sell Resigt2 Resigt3 Support1
4 Buy Support2 Support3 Resist2
Sell Resigt2 Resigt3 Support2
5 Buy Support2 Support3 Resist3
Sell Resigt2 Resigt3 Support3


EAパラメータ詳細
Lots        - 最小ロット数
SndMl       - メール送信するかどうか(trueはメール送信する)
isFloatLots - ロットを変動させるかどうか(trueは変動させる)
DcF         - 負けトレード回数によってロット数を下げる減少係数(通常は2~5)
              この値が大きくなればロット減少率は下がる。
MaxR        - 最大投資リスク(0.01~1.00まで指定可)
              0.01を指定すると資金の1%分を用いて売買することを意味する。
              1.00を指定すると全資金を用いて売買することを意味する。
TgtProfit   - 上記参照
Trailing    - トレーリングするポイント数
isTradeDay  - その日の内にポジションを手仕舞うかどうか(trueは手仕舞う)
isTrace     - 処理内容をログに残すかどうか(trueは残す)


  テストチャートを表示させても何も表示されないので、参考までにこの図を。

gpfTCPivotLimit_ea.gif


2007/01/01~2008/01/01、1時間足、GBP/JPYの結果
gpfTCPivotLimit_ea_result.gif


こちらからダウンロードしてください。

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
FX5_Divergence_v15B15D.1
FX5_Divergence_v15B15D.1 というmt4インディケーター

名前ながっ!

中々珍しいタイプのインディケーター。

ダイバージェンスの発生をインディケーターで示しているものだ。


表示してみると
fx5_divergence.gif


こんな感じ。

ダイバージェンスが発生すると、矢印で知らせてくれる。

ダイバージェンスがおきると、流れが転換しやすいと言う事で、
つまり、画像の矢印のほうに値が動きやすいと言う事かな。

この手のインディケーターはあんまり見た事ない。
おもしろい。

ただ、なんでそういうラインの引き方する?っていう所もたまにある。
ソースのほうは見てないから、どういうラインの引き方してるかは知らないけども。


使ってみたい人は
インジケーターはリンクのyahooブリーフケースの中にあるのでどぞ。

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
xpMA
xpMA というmt4インジケーター

手の込んだ移動平均線って感じだな。

表示してみると

xpma.gif


こんなカンジダ

信号機だ!
赤、青、白(黄色じゃない!)

線を越えたときに、矢印とアラートを出してくれる。

線を突き破った時が、トレード開始の合図になる。

パラメーターを変えたりして、自分なりのルールを作れば
これだけでもトレードできるかもしれんな。

ただ、レンジに弱い(画像左の方)のは他のトレンドフォロー系と一緒。

そのレンジをどう回避するかにかかっておる。


インジケーターはリンクのyahooブリーフケースにはいっちょる

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
Moving Average
移動平均線(SMA)とローソク足のゴールデンクロス、デッドクロスを用いて売買をするEAです。
クローズ条件はロングの場合はデッドクロスでクローズ、ショートの場合はゴールデンクロスでクローズなのですが、ドテンはしないようです。
クローズした足で新規エントリーはせず、次の足以降で条件が揃えば新規エントリーをする、みたいなかんじです。


移動平均線のパラメータは各自設定できるので、いろいろな値で試してみてください。

EAパラメータ詳細

Lots - 最小ロット数
MaximumRisk - 最大投資リスク(0.01~1.00まで指定可)
0.01を指定すると資金の1%分を用いて売買することを意味する。
1.00を指定すると全資金を用いて売買することを意味する。
DecreaseFactor - 負けトレード回数によってロット数を下げる減少係数(通常は2~5)
この値が大きくなればロット減少率は下がる。
MovingPeriod - 移動平均期間
MovingShift - 移動平均のシフト値

 
1時間足、GBP/JPYでのテストチャートはこんな感じ。
gbpjpyh1_ma_ea.gif


2007/01/01~2008/01/01までの結果
ma_ea_result.gif



こちらからダウンロードしてください。


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
hma
hma というmt4インジケーター

Hull Moving Averageという移動平均線の一種。

なんでも、移動平均線の問題点である遅効性を無くして、さらに騙しを減らすために
考案されたものらしい。たぶん


表示すると

hma.gif


こんなん。

ロウソクにへばりついてる。

これはデフォルトのperiod5のやつ。

period20ぐらいにしてみると

hma2.gif


こんなん。


前に、periodとmethodを調節して
色の反転をcloseの目安にしようと思っていたことがあるけど、
このhmaには一つ問題があって、

色反転の確定に時間が掛かると言うことがある。

つまり、どういうことかというと

色が変わったと思っても、次の足の値動きによっては
また元の色に戻ってしまうこともある。

色が反転しても、ロウソク2~3本様子を見ないと
本当に反転が確定したかどうかわからない。

なかなかいいインディだと思うし、

他にも使い方は、色々あると思うけど、

色反転に時間が掛かることが、タマタマに傷だな。


インディケーターはリンクのyahooブリーフケースに入れてあります。



にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
Demark_trend_new
Demark_trend_new というmt4インディケーター

これは、自動的に、勝手に(笑)
トレンドラインを引いてくれる優れものインディケーターだ。

表示してみると

demarktrend.gif



こんな感じ。

トレンドラインを割ったら、矢印で知らせてくれたり、
新しくトレンドラインを引きなおしてくれる。

他にも、ChannelLine、HorizonLine、なども引いてくれる。

ごちゃごちゃ色んな線はいらない場合は、
パラメーター設定でon/offを選ぶことができるので、
トレンドラインだけ表示などもできる。


自分でラインを引くのがメンドクサイ人にとっては、重宝するインディになるかも。

インディはリンクのyahooブリーフケースに入れてあるので、使いたい人はご自由に、ごゆるりと



にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
Woodie's CCI Template
Woodie's CCI のテンプレートを紹介しようと思う。

これがまた中々面白いテンプレートになってる。

表示すると
woodies.gif


こんな感じ。

しぶい。

残り時間が短くなると、シュウィーンって音がなるのがまたいい。


これを使ってどうやってトレードするのかというと、

まぁ色々方法があるけど、

いくつか例を挙げてみようと思う。

一つ目は、
(Zero line Reject ZLR)ゼロライン反発というもの

woodies2.gif


画像の黄色いラインで示したところみたいに、

CCIがゼロラインを超えて、また反発して戻ってきたところで順方向にしかけるというもの。

画像で言えば、黄色ラインの所で売りを出すということかな。



二つ目は、
(Trend Line Break TLB)トレンドラインブレイク。

名前のとおりだー

woodies3.gif


赤ラインみたいに、CCIのトレンドラインを引いて、
そこをブレイクした、黄色ライン部で、順方向にポジションを取る、と言うやり方。


ほかにも色々やりかたはあるけど、

今回yahooブリーフケースに入れた、woodies.zipには

日本語で書かれた、もっと詳しいマニュアルも入っていたので、

あとはそちらに譲ろうと思う。

Good Luck !

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
LineMakerForTester
LineMakerForTester
[名称]:ラインメーカーフォーテスター

[部類]:自作ツール

[概要]:バックテスト後に"Open chart"を開くと、ポジションのオープン、クローズが矢印で示されている。
その全矢印の時間をファイルに保存する(エクスポート)。
もしくは保存した日時に垂直線を引く(インポート)。
ポジションのオープンとクローズは色分けされます。

[利用例]
・バックテストの各ポジションを普段使っているチャートで確認することができます。
・ストラテジーの異なるバックテスト結果を一つのチャートで比較することができます。
・あとは…ご自由にどうぞ。

[注意]
・ポジションがクローズされていない場合、クローズ時間は"1970.01.01 00:00:00"となります。
・自作ツールのLineMakerで使用するファイルとLineMakerForTesterで作られるファイルはフォーマットが異なる為、互換性はありません。

[使い方]
/*** エクスポート ***/
1.LineMakerForTester.mq4をterminal_directory\experts\indicatorsフォルダ内に移動させ、MetaEditorを使ってコンパイルします。

2.普段通りにバックテストをします。

3."Open chart"ボタンを押し、バックテストチャートを表示します。

4.LineMakerForTesterを設置します(設定は以下を参照)。

/*** インポート ***/
1.チャート上にLineMakerForTesterを設置します(設定は以下を参照)。


[設定]

export_file - 出力用ファイル名
import_file - 取り込み用ファイル名
__Mode_Description__ - ただの説明です。
Mode - モード値。
0を指定すればエクスポート
1を指定すればインポートモード
open_clr - ポジションオープンの色
close_clr - ポジションクローズの色

 
[ダウンロード]
こちらからファイルをダウンロードしてください。


[動作]
バックテスト結果が以下のようになっていたとします。
gbpjpym15_breakout_exp.gif


●エクスポート
linemakerfortester_exp.png

エクスポートする場合、必ずexport_fileを指定してください。ファイル名は任意です。

エクスポートが完了すると、export_fileで指定したファイルがterminal_directory\experts\filesフォルダ内に作られています。
linemakerfortester_expfile.png



●インポート
linemakerfortester_imp.png

インポートする場合、必ずimport_fileを指定してください。

インポート結果
gbpjpym15_breakout_imp.gif

普段使っているチャートにインポートすることもできます。
今回は動作確認のためにバックテストチャートに表示させました。



にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。