mt4 (MetaTrader4)使い倒シストレ

メタトレーダー、自作インジケータ、自作EAで完全自動売買。使えるものは何でも使え。
インジケーター、EA(自動売買システム)製作のご依頼はこちらへ
Googolyen FX Factory
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
Volume
double Volume[]

現在のチャートの各足の出来高を含む直列配列。

直列配列の要素は逆順でインデックス化されている。
つまり、最新値から最古値の順番である。配列の最新要素である現在の足のインデックスは0である。
現在のチャートでの最古の足はBars-1でインデックス化されている。
関連項目:iVolume()

Sample:
      if(i==0 && time0d_high) d_high = High[0];
         d_close = Close[0];
        }
      last_fpos = FileTell(ExtHandle);
      last_volume = Volume[i];
      FileWriteInteger(ExtHandle, i_time, LONG_VALUE);
      FileWriteDouble(ExtHandle, d_open, DOUBLE_VALUE);
      FileWriteDouble(ExtHandle, d_low, DOUBLE_VALUE);
      FileWriteDouble(ExtHandle, d_high, DOUBLE_VALUE);
      FileWriteDouble(ExtHandle, d_close, DOUBLE_VALUE);
      FileWriteDouble(ExtHandle, d_volume, DOUBLE_VALUE);


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
スポンサーサイト
Time
datetime Time[]

現在のチャートの各足の開始時間を含む直列配列。
1970年1月1日 午前0:00からの経過秒をdatetimeで表わしたデータ。

直列配列の要素は逆順でインデックス化されている。
つまり、最新値から最古値の順番である。配列の最新要素である現在の足のインデックスは0である。
現在のチャートでの最古の足はBars-1でインデックス化されている。
関連項目:iTime()

Sample:
for(i=Bars-2; i>=0; i--)
     {
      if(High[i+1] > LastHigh) LastHigh = High[i+1];
      if(Low[i+1] < LastLow)   LastLow  = Low[i+1];
      //----
      if(TimeDay(Time[i]) != TimeDay(Time[i+1]))
        {
         P = (LastHigh + LastLow + Close[i+1])/3;
         R1 = P*2 - LastLow;
         S1 = P*2 - LastHigh;
         R2 = P + LastHigh - LastLow;
         S2 = P - (LastHigh - LastLow);
         R3 = P*2 + LastHigh - LastLow*2;
         S3 = P*2 - (LastHigh*2 - LastLow);
         LastLow  = Open[i];
         LastHigh = Open[i];
        }
      //----
      PBuffer[i]  = P;
      S1Buffer[i] = S1;
      R1Buffer[i] = R1;
      S2Buffer[i] = S2;
      R2Buffer[i] = R2;
      S3Buffer[i] = S3;
      R3Buffer[i] = R3;
     }


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
Point
double Point

現在の通貨値の最小単位。(USD/JPY: 0.01、GBP/USD: 0.0001)
関連項目:MarketInfo()

Sample:
OrderSend(Symbol(),OP_BUY,Lots,Ask,3,0,Ask+TakeProfit*Point);


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
Open
double Open[]

現在のチャートの各足の始値を含む直列配列。

直列配列の要素は逆順でインデックス化されている。
つまり、最新値から最古値の順番である。配列の最新要素である現在の足のインデックスは0である。
現在のチャートでの最古の足はBars-1でインデックス化されている。
関連項目:iOpen()

Sample:
   i = Bars - counted_bars - 1;
   while(i>=0)
     {
      double high  = High[i];
      double low   = Low[i];
      double open  = Open[i];
      double close = Close[i];
      AccumulationBuffer[i] = (close-low) - (high-close);
      if(AccumulationBuffer[i] != 0)
        {
         double diff = high - low;
         if(0==diff)
            AccumulationBuffer[i] = 0;
         else
           {
            AccumulationBuffer[i] /= diff;
            AccumulationBuffer[i] *= Volume[i];
           }
        }
      if(i< Bars-1) AccumulationBuffer[i] += AccumulationBuffer[i+1];
      i--;
     }


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
Low
double Low[]

現在のチャートの各足の安値を含む直列配列。

直列配列の要素は逆順でインデックス化されている。
つまり、最新値から最古値の順番である。配列の最新要素である現在の足のインデックスは0である。
現在のチャートでの最古の足はBars-1でインデックス化されている。
関連項目:iLow()

Sample:
//---- minima counting
   i=Bars-KPeriod;
   if(counted_bars>KPeriod) i=Bars-counted_bars-1;
   while(i>=0)
     {
      double min=1000000;
      k = i + KPeriod-1;
      while(k>=i)
        {
         price=Low[k];
         if(min>price) min=price;
         k--;
        }
      LowesBuffer[i]=min;
      i--;
     }
//----


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
High
double High[]

現在のチャートの各足の高値を含む直列配列。

直列配列の要素は逆順でインデックス化されている。
つまり、最新値から最古値の順番である。配列の最新要素である現在の足のインデックスは0である。
現在のチャートでの最古の足はBars-1でインデックス化されている。
関連項目:iHigh()

Sample:
//---- maximums counting
   i=Bars-KPeriod;
   if(counted_bars>KPeriod) i=Bars-counted_bars-1;
   while(i>=0)
     {
      double max=-1000000;
      k = i + KPeriod-1;
      while(k>=i)
        {
         price=High[k];
         if(max< price) max=price;
         k--;
        }
      HighesBuffer[i]=max;
      i--;
     }
//----


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
Digits
int Digits

現在の通貨値の小数点以下の桁数。
関連項目:MarketInfo()

Sample:
Print(DoubleToStr(Close[0], Digits));


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
Close
double Close[]

現在のチャートの各足の終値を含む直列配列。

直列配列の要素は逆順でインデックス化されている。
つまり、最新値から最古値の順番である。配列の最新要素である現在の足のインデックスは0である。
現在のチャートでの最古の足はBars-1でインデックス化されている。
関連項目:iClose()

Sample:
int handle = FileOpen("file.csv", FILE_CSV|FILE_WRITE, ";");
  if(handle>0)
    {
     // table column headers recording
     FileWrite(handle, "Time;Open;High;Low;Close;Volume");
     // data recording
     for(int i=0; i < Bars; i++)
       FileWrite(handle, Time[i], Open[i], High[i], Low[i], Close[i], Volume[i]);
     FileClose(handle);
    }


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
Bid
double Bid

現在の通貨における最新の売値 (Bid値)。更新する為にRefreshRates()関数が使われる。
関連項目:MarketInfo()

Sample:
if(iRSI(NULL,0,14,PRICE_CLOSE,0)>75)
    {
     OrderSend("EURUSD",OP_SELL,Lots,Bid,3,Ask+StopLoss*Point,Bid-TakeProfit*Point,
               "My Order #2",3,D'2005.10.10 12:30',Red);
     return(0);
    }


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
Bars
int Bars

現在のチャートにおける足の数。
関連項目:iBars()

Sample:
int counter=1;
  for(counter=1; counter<=Bars; counter++)
    {
     Print(Close[counter-1]);
    }


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
Ask
double Ask

現在の通貨における最新の買値 (Ask値)。更新する為にRefreshRates()関数が使われる。
関連項目:MarketInfo()

Sample:
if(iRSI(NULL,0,14,PRICE_CLOSE,0)<25)
    {
     OrderSend(Symbol(),OP_BUY,Lots,Ask,3,Bid-StopLoss*Point,Ask+TakeProfit*Point,
               "My order #2",3,D'2005.10.10 12:30',Red);
     return;
    }


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
Predefined variables
各MQL4実行プログラムの為に、プログラム、スクリプト、カスタムインジケータが動作しているチャートの状態を反映する定義済み変数がある。

ライブラリと呼ばれるモジュールの変数を使う。

安全性やデータアクセスを簡単にする為に、クライアント端末は実行プログラムと独立して定義済み変数の値を置き換える。
これらのデータはエキスパートやカスタムインジケータ、RefreshRates()関数の使用の動作時に更新される。



にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。