mt4 (MetaTrader4)使い倒シストレ

メタトレーダー、自作インジケータ、自作EAで完全自動売買。使えるものは何でも使え。
インジケーター、EA(自動売買システム)製作のご依頼はこちらへ
Googolyen FX Factory
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
口座コピーEA(?)ツール(?)
※えーと
お問い合わせで、売買を別のMT4に転送するものが欲しいというご連絡を受けました。

つまりMT4(A)にEAを設置したりして、その売買情報を別のMT4(B)に転送して
MT4(B)でも同じように売買をするようなものだと思います。

それでもしフリーの物があれば教えてほしい、
なければ製作してほしいというお話だったのですが、
フリーの物があるのでそちらをご連絡したのですが、
メールアドレスを書き間違えられたようで、メールが届きませんでした。

なので、このブログにてちょっと紹介しようと思います。

この記事に気が付けばよいですが…



多分いくつもあるのかと思いますが、
一つは
Meta Trader Account Copier
とかいうの。

他には
TradeSwitch
とかいうのがTSDフォーラムに落ちてます。

どちらがいいとか、具体的な事とかは
使っていないので分かりませんが
Account Copierの方は始めにインストーラーでペペッとセットしてくれるみたいなので
こっちの方が使いやすそうかなと思った(ぼんやりしたイメージ)

もう少しぼんやりしたイメージで話すと、
仕組みとしては、一つ目のMT4に売買情報を送信するのが入って、
二つ目のMT4にはそれを受け取る物を入れる感じ。


この口座コピーはどんな時に役に立つのかなぁとか考えてみて、
例えば商用EAとかはアカウント限定とかにしているのもあるけど、
この口座コピーがあれば一つのアカウントの売買を別の会社のMT4に転送して
同じ売買をさせれば色んな口座で同時に使えるなぁとか

他にも色々使い方はあるのかな?


ま、ともかくご連絡して下さった方が
この記事に気が付かれる事を願って

アーメン(違うか)

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
スポンサーサイト
Momo_Trades_v3
MACDを用いた順張りのEA(自動売買)です。
製作者はこのフォーラムに書かれている手法をEA化したんだそうです。
とは言ってもそのフォームはロシア語なんで本文は全く読めまへん。
しかしストラテジーをイメージしやすい絵があったので、ちょっと失敬して、ここに載せておきます。


FX-Momo1.gif
Fig.1

FX-Momo2.gif
Fig.2

FX-Momo3.gif
Fig.3

FX-Momo4.gif
Fig.4

FX-Momo5.gif

Fig.5



で、絵を見てもらえば分かると思うけど、このストラテジーの決済は、小分けにして決済する方法です。
しかし、このEAを見た所、その機能がついておらず、固定プロフィットと固定ストップです。

このストラテジーを忠実に再現するなら小分け決済機能、ブレイクイーブン機能を付けなきゃですね。

EAパラメータ詳細

Lots - ロット数
Risk - リスク(マネーマネージメントに使用)
Sl - ストップポイント(指定しない場合は0)
Tp - 利確ポイント(指定しない場合は0)
bu - トレーリングストップポイント
magic - マジックナンバー
PriseShift - EMAからの乖離ポイント
AutoLot - マネーマネージメントをするかどうか(trueはする)
CloseEndDay - その日の終わりにポジションを決済するかどうか(trueはする)
BU - トレーリングをするかどうか(trueはする)
MaPeriod - 移動平均線の期間
MaShift - 移動平均線のシフト値
Fast - MACDのfast移動平均の期間
Slow - MACDのslow移動平均の期間
Signal - MACDのシグナル期間
MacdShift - MACDのシフト値

 
5分足、GBP/JPYでのテストチャートはこんな感じ。
momotradesv3_ea_gbpjpy5m.gif

2007/11/22~2008/06/01までの結果
momotradesv3_ea_result.gif

こちらからダウンロードしてください。


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
Pipsover
Chaikinインジケータ、20SMAを使った逆張り系のEA(自動売買)です。
このEAはChaikinインジケータを必要とします。
なるべく小さいタイムフレームで使うとイイらしいです。


ポジションのオープン条件は、

Long : 陽線 & 安値が20SMAより小さい & Chaikinが【-55】より小さい
Short : 陰線 & 高値が20SMAより大きい & Chaikinが【55】より大きい

です。
また、ポジションを持った後で

「やっべ!反転しないよ!」

といった状況下では、両建てするようになってます。

以下の条件を全て満たせばShortポジションを持ち両建てにします。
・Longポジション保有
・陰線
・高値が20SMAより大きい
・Chaikinが【90】より大きい

また以下の条件を全て満たせばLongポジションを持ち両建てにします。
・Shortポジション保有
・陽線
・安値が20SMAより小さい
・Chaikinが【-90】より小さい


*【】で囲まれた値はEAパラメータとして設定できます。


EAパラメータ詳細

lots - ロット数
stoploss - ストップロスポイント
takeprofit - 利確ポイント
openlevel - オープン時のChaikinのレベル
closelevel - 両建て時のChaikinのレベル

 


製作者曰く

「例えばRSIじゃダメなのか、何でChaikinインジケータなんだ?」
って疑問に思うだろ?
教えてやるぜ。
RSIは価格の変化は考慮されてるんだが、マーケットの活気を考えてないんだよ。
ところがChaikinは出来高を考慮してるんだな。すげぇだろ?
上昇トレンドの場合を考えてみろよ。
RSIはマーケットが買われすぎてるってことを知らせるだろ?
それに下落トレンドの場合は売られすぎってことを知らせるんだ。
これがつまり逆トレンドの発生として作用するわけだ。
もし俺達がRSIを使って反転する動きを見つけようとしたって、
本当の反転が現れる前に、偽のシグナルを掴まされちまうって寸法さ。
もみ合い相場には、RSIより断然Chaikinが優れているんだよ。

 
とまぁちょっと誇張表現が含まれてますが、Chaikinをべた褒めです。
さすがご自身で作られたインジケータだけあって、相当自信がおありのようです。


5分足、USD/CHFでのテストチャートはこんな感じ。
pipsover_ea_result_usdchf5m.gif


2008/06/01~2008/07/01までの結果
pipsover_ea_result.gif


こちらからダウンロードしてください。
製作者べた褒めのChaikinインジケータは
リンクのyahooブリーフケースから取ってください。


応援よろしくお願いします!
  ↓     ↓

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
gazonkos expert
価格の値動きによって売買をするEA(自動売買)です。
インジケータは使ってません。

ある一定以上の急激な変化、または急激な変化からの調整の時にポジションを持ちます。
小さなレンジ相場は手を出さない(設定値に依存しますが)というコンセプトでしょうか。
しかし弊害もあるようで、緩やかなトレンドも完全無視です(笑)

EUR/USDの1時間足を用いるのが良いようです。


EAパラメータ詳細

magic - マジックナンバー
TakeProfit - 利確ポイント
Otkat - 以下参照
StopLoss - ストップポイント
t1 - 基準とする足番号1 (t2よりも大きい値)
t2 - 基準とする足番号2 (t1よりも小さい値)
delta - 以下参照
lot - ロット数
active_trades - 最大保有ポジション数

 
Otkatとdeltaは以下の二つの図を見れば分かると思います。
Otkatとdelta値を小さくすれば、ノイズを拾ってしまうでしょう。
しかし大きすぎると今度は全くポジションを持たないことになります。
最適値を見つけるのが大変そうです。

gazonkos1.gif
図1.deltaの説明

gazonkos2.gif
図2.otkatの説明



mq4ソースコードを見るのも面白いかもしれません。
(コメントがロシア語なので、コメントを見るだけではチンプンカンプンです…)
STATEを用いて各状態をステージ分けしてあるので、何をしてるのか比較的分かりやすいのではないでしょうか。

1時間足、EUR/USDでのテストチャートはこんな感じ。
gazonkos_ea_eurusd1h.gif



2007/06/01~2008/06/08までの結果
gazonkos_ea_result.gif

1年間で自動売買した回数は114回ですので、3日に1回のペースで取引してます。
ちょっと少ないかも。
まっ、その辺は設定値で何とかなるかもです。

こちらからダウンロードしてください。

クリックお願いします!!

  ↓    ↓

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
ArtificialIntelligence(AI)
Artificial Intelligence(人工知能)です。
用いているテクニカルインジケータはBill Williamsの Accelerator/Decelerator オシレータです。
ただこれらを非常に面白い使い方をして売買シグナルを出しています。
設定値毎の挙動を予想しにくいので、手当たり次第で最適パラメータを見つけるしかなさそうです。

売買ルールはperceptron関数が正の値を返せばロングを、負の値を返せばショートを持つ、です。
んでもって、ポジション保有中の時はperceptron関数の値によってストップ変更 or 決済をしているようです。


//+------------------------------------------------------------------+
//| The PERCEPTRON - a perceiving and recognizing function |
//+------------------------------------------------------------------+
double perceptron()
{
double w1 = x1 - 100;
double w2 = x2 - 100;
double w3 = x3 - 100;
double w4 = x4 - 100;
double a1 = iAC(Symbol(), 0, 0);
double a2 = iAC(Symbol(), 0, 7);
double a3 = iAC(Symbol(), 0, 14);
double a4 = iAC(Symbol(), 0, 21);
return(w1 * a1 + w2 * a2 + w3 * a3 + w4 * a4);
}
//+------------------------------------------------------------------+

 
これがこのEAの中枢です。中枢の割りには簡素ですね。
x1~x4は自由に設定できる値です。
このパーセプトロンという名前ですが、wikipediaで調べてみたのですがよく分かりません。
ただその記述中に

H(sum[i=0, i<=N](wi*xi-h)) Hは階段関数

 
という式があり、perceptron関数内の処理と非常によく似ていたので、
この式のことかなと思っております。

EAパラメータ詳細

x1 - 以下参照
x2 - 以下参照
x3 - 以下参照
x4 - 以下参照
sl - ストップポイント
lots - ロット数
MagicNumber - マジック番号

 
マネーマネージメントはできません。
x1~x4の意味ですが、perceptron関数内のa1~a4の値の重み付けみたいなものです。
例えばa1よりa4の方を重用視したいのであれば、x1よりx4を大きな値にするということです。


30分足、GBP/JPYでのテストチャートはこんな感じ。
gbpjpym30_ai_ea.gif


2007/01/01~2008/01/01までの結果
ai_ma_result.gif


こちらからダウンロードしてください。


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。